ブリリアンスプラス紹介サイト

結婚指輪の刻印ガイドブック~おすすめパターンをご紹介~

近年、結婚指輪に刻印を入れるカップルが増えてきていることをご存知ですか?

最新の調査によると、結婚指輪の購入時に刻印を入れたカップルはなんと90%以上!
デザインや素材などと並び、しっかりと考えるべき要素の1つとなってきているようです。

しかし、いざ結婚指輪に刻印を入れようと思ってもどんな文字を入れればいいのかわからないですよね。
「失敗するとやり直しできないから、どんな刻印が人気なのか知った上で考えたい!」
そう思っている人は少なくないのではないでしょうか?

そこで結婚指輪購入時、刻印について徹底調査した私が、イニシャル、日付、メッセージなどジャンルごとに人気パターンを例とともにご紹介!

ここを見ていただけば、あなたが気にいる結婚指輪の刻印がきっと見つかります。

では早速、具体的な結婚指輪の刻印例を見ていきましょう!

おすすめ!結婚指輪の刻印ベスト3

では早速、結婚指輪の刻印の人気パターンを見ていきましょう!

イニシャル&日付

まずはイニシャル×日付!定番かつ最も選ばれている刻印です。

婚約指輪の場合は(男性)to(女性)の刻印が最もポピュラーですが、結婚指輪の場合、(男性)&(女性)のパターンなどが多い傾向に。

また、このイニシャルと繋げて入籍日や結婚式の日などの記念日の刻印を結婚指輪に掘られる方が非常に多いです。

下記に例をいくつか挙げておきましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?。
(例:記念日が2017,5,11のヒロキさん、ユリさんカップルの場合)

■ May.11.2017  H & Y
■ H29.5.11  H × Y
■ 2017.5.11 H ♡ Y

シンプルかつ、記念となる刻印をお求めの方におすすめです。

メッセージ

次はメッセージ!結婚指輪に思いを込めた刻印を刻む方も多くいらっしゃいます。
特に英語で刻印するのが人気です。

婚約指輪ですと、男性から女性へ贈る指輪ということで「crazy for you(あなたに夢中)」「Heart to Heart(心を込めて)」などの愛を贈るメッセージが多くなっています。

それとは違い結婚指輪は、「Happy together(一緒に幸せになろう)」「Stay with me(一緒にいよう)」など、2人でいようという思いを刻むカップルが多い模様。

こちらも下記に例をいくつか挙げておきます。長文と短文の例をどちらも載せておきますので、チェックをお忘れなく!

<短文>
■Never to change(変わりないように)
■Always with you(いつもあなたと共に)
■Never to part(決して離れない)

<長文>
■Your happiness is always wished(あなたの幸せを願わない日はない)
■Even distance cannot keep us apart(私たちは離れていても繋がっている)
■I promise love of the eternity(永遠の愛を誓う)

結婚した時の思いを忘れたくないあなたに、ぴったりの刻印です。

英語以外の外国語

次は英語以外の外国語での刻印をご紹介!

「英語でのメッセージはちょっと照れくさい・・・」そんな照れ屋なカップルの皆さんはこのパターンの刻印を選ばれることが多いです。

人気なのはラテン語、ハワイ語、フランス語などの言語。
こちらも例とともに見ていきましょう。

<ラテン語>
■si vales valeo(あなたの幸せが、私の幸せ)
■ad multos annos(末永い未来へ)
■totus tuus(身も心もすべて、あなたにささぐ)

<ハワイ語>
■Welina(愛を込めて)
■Nau Ko`u aloha(私のすべてをあなたに)
■No na kau a kau(今もこれからも永遠に)

<フランス語>
■Je t’aime(愛してる)
■Pour Toujours(永遠)
■Meilleur ami(最高の相棒)

「英語じゃ見られた時に恥ずかしいし、被るのも嫌だ」そんなあなたには、この英語以外の刻印をおすすめします。

番外編

ここまで文字の刻印を紹介してきましたが、実は文字以外の刻印を結婚指輪に彫ることも可能です!

お互いの結婚指輪を重ねて、1つのモチーフが浮かび上がる刻印も非常に人気が高まってきている傾向にあります。

「文字の刻印は人と被るからあんまりしたくないな・・・」

そんなあなたは、ハートやクローバーなど幸せの象徴を隠れたメッセージとして結婚指輪に刻印してみるのも良いかもしれませんね。

結婚指輪の刻印を入れる前に確認するべき3つのポイント

結婚指輪の刻印例を見て頂きました。
ではここから、実際に刻印をお願いする時に確認すべきポイントについてご説明します。

具体的に結婚指輪を購入する時に、下記の3つは確認されることをおすすめします!

■費用
⇒結婚指輪の購入金額に刻印代が含まれていることもありますが、別途料金を取られることもあります。

別途料金がかかる場合、結婚指輪のブランドによって大きく価格が変わりますので、店頭にて確認を行うことをおすすめします。

■文字数
⇒結婚指輪のデザイン、ブランドによって刻印できる文字数には限りがあります。刻印を考える前にこの文字数を確認しておきましょう。

各結婚指輪のブランド、店舗によって異なりますが、文字数の制限の平均としては5~15文字です。

■納期
⇒こちらも非常に重要なポイントです。特に結婚式シーズンである3~5月、9~11月付近はオーダーが集中するため、結婚指輪に刻印を入れることで納期が遅れる場合があります。

遅いと結婚指輪の仕上がりに3ヶ月以上かかることも!早め早めのオーダーと納期のご確認をおすすめします。

まとめ:マリッジリングに刻む言葉は納得のいくものを

ここまでに結婚指輪の刻印についてご説明してきましたが、いかがでしたか?
最後にポイントをおさらいしておきましょう!

■刻印を入れる時に、料金・文字数・納期の3つは確認しておく
■刻印で1番人気なのは日付とイニシャルを組み合わせたもの
■2番目に人気なのは英語でのメッセージ刻印
■3番目に人気なのはラテン語、ハワイ語、フランス語など英語以外の外国語のメッセージ

あくまで今回ご紹介させて頂いたのは一例となります。

結婚指輪の刻印について、あれがいい、これがいいと話し合う時間も楽しいもの。

お互いのパートナーとゆっくり話し合い、満足のいく結婚指輪を作られることを願っています。

関連記事